ArchLinux 2017.10.01: SMBクライアントのcifs-utilsをインストールする


Table of Contents

1 cifs-utilsのインストール

cifs-utilsパッケージをインストールします。

$ sudo pacman -Sy –noconfirm cifs-utils

2 mountでマウント

mountコマンドで/mntディレクトリへマウントします。

$ SMB_USERNAME=foobar$ SMB_PASSWORD=foobar$ SMB_SERVER=”//smb-server.hiroom2.com/share”$ sudo mount -t cifs -o username=${SMB_USERNAME},password=${SMB_PASSWORD} “${SMB_SERVER}” /mnt

3 credentialsオプションでユーザ名とパスワードを管理

credentialsオプションでユーザ名とパスワードを記載したファイルを指定することができます。

$ cat <<EOF | sudo tee /etc/samba/credentials > /dev/nullusername=${SMB_USERNAME}password=${SMB_PASSWORD}EOF$ sudo chmod 600 /etc/samba/credentials$ sudo mount -t cifs -o credentials=/etc/samba/credentials “${SMB_SERVER}” /mnt

4 起動時にマウント

他のファイルシステムと同様に/etc/fstabに追記します。ネットワーク初期化前にマウントするのを防ぐために、_netdevをオプションを指定する必要があります。x-systemd.automountにマウントさせるために、x-systemd.automountをオプションに指定する必要があります。

$ SMB_OPTION=”credentials=/etc/samba/credentials,_netdev,x-systemd.automount”$ echo “${SMB_SERVER} /mnt cifs ${SMB_OPTION} 0 0” | sudo tee -a /etc/fstab

Android | Linux | SDL - Narrow Escape